【ほうれい線、くま、シミ】ビューティーオープナーの噂を徹底解析!

ビューティーオープナー

ビューティーオープナーのほうれい線、くま、そばかすなどの噂をチェック

高濃度で卵殻膜エキスを配合した美容液【ビューティーオープナー】。

その成分や口コミなどを調べていくと、「ほうれい線、くま、肌荒れ、そばかす、シミが消える」といった噂もあるようです。

その噂の真相と、「ほうれい線」「くま」「肌荒れ」「そばかすやシミ」のケアについて徹底調査してみました!

ほうれい線の原因とケアについて

シワには小ジワ・中ジワ・陥凹(かんおう)ジワ・表情ジワ・垂れジワといった種類があります。

ほうれい線はその中でも【陥凹ジワ】と呼ばれるシワの一種です。

陥凹ジワは小ジワや中ジワよりもさらに深い“くぼみ”が特徴とされています。

ほうれい線の原因

ほうれい線はなぜできてしまうのでしょうか。その原因について説明します。

1.お肌のコラーゲンの劣化や減少

私たちのお肌の中には、ハリや弾力の元となる「コラーゲン」や「エラスチン」といった成分が含まれています。しかし、これらの成分は年齢が上がるにつれて減少していきます。
コラーゲンとエラスチンが減少することで、お肌の奥で【ゆるみ】が発生します。

お肌内部に発生したゆるみは、お肌表面で「たるみ」となって現れます。このたるみがほうれい線ができる原因となるのです。

▼ コラーゲンの劣化や減少が進む原因となるもの ▼

紫外線やお肌の乾燥

紫外線を浴びると、お肌のバリア機能が弱まったり、お肌自体が固くなります。

また、お肌の乾燥はシワが戻らなくなる原因となり、シワが残りやすくなります。

お肌は薄いガーゼのようなものです。

ガーゼはシワがつきにくいですが、固くてゴワついたお肌はティッシュや紙のように固くなればなるほどシワが残りやすくなります。

2.表情筋の衰え

ほうれい線の原因には、表情筋も深くかかわっています。

表情筋の衰えによってお肌を支える筋力が低下し、お肌にたるみが現れるのです。

▼表情筋が衰える原因となるもの▼

表情が変わらない/柔らかい物を好んで食べる/よく噛まない

人の表情にはそれぞれ癖があります。

知らない間に私たちはいつも同じような表情をしがちです。そうするといつも同じように表情筋が使われてしまうので、その「癖」がシワやたるみの原因となることがあります(笑いジワや怒りジワもその一種)。

ほうれい線は口の周りの「口輪筋」を動かすことが大切です。

また、柔らかい物を好んで食べたり、食事の際によく噛まないとこの口輪筋の衰えにつながり、たるみやほうれい線の原因になります。

3.脂肪の劣化

お肌の脂肪組織も、ほうれい線の原因となります。

太ったり痩せたりを繰り返すほど、シワやたるみが増えるとされています。

▼脂肪の劣化の原因となるもの▼

過度なダイエット/急激な体重の増減

 

ほうれい線の原因となる「日常の行動」

私たちの毎日の生活の中にもほうれい線の原因となる行動がたくさんあります。

▼うつむいた状態が続く

「スマホ」や「パソコン」など自然と首を下に向けていませんか?

顔がうつむいた状態が長時間続くことも、お肌がたるんでほうれい線ができる原因となります。

▼寝るときの「横向き」姿勢

横向きで寝る場合、いつも同じ方向を向いていませんか?

横向き寝はまくらにぎゅっと頬が押し付けられた状態となります。

いつも同じ方を下にしているとそちらにばかり負担がかかってしまい、ほうれい線ができる原因となってしまうのです。

▼頬杖をつく

気づいたら頬杖をついている…なんてことありませんか?

頬杖はお肌の皮膚をひっぱるだけでなく骨格事態にゆがみも発生します。

お肌の皮膚が伸びたり、骨格がゆがむことでお肌がたるみ、ほうれい線の原因となります。

ほうれい線の対策

ほうれい線には様々な原因があり、日常のちょっとした行動や癖もきっかけになってしまうことがわかりました。

ほうれい線の対策にはどんなことが大切になるのかを調査したところ、以下のようなお手入れが適しているようです。

ほうれい線対策のためのケア

【保湿ケア】お肌をやわらかくし、バリア機能を高めてダメージを受けにくくする
【コラーゲン生成】減少していくコラーゲン。

その生成を促進してくれる成分でケアをする

ビューティーオープナーでほうれい線ケアはできる?

ビューティーオープナーには沢山の保湿成分が含まれています。

保湿成分

ペンチレングリコール/ヒアルロン酸Na/スクワラン(オリーブ由来)/加水卵殻膜エキス

また、コラーゲン生成を促進してくれる成分も含まれています。

コラーゲン生成に関わる成分

バラエキス/加水卵殻膜エキス

▼卵殻膜エキスのチカラ▼

ビューティーオープナーの特徴でもある「加水卵殻膜エキス」は保湿成分である「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」を含んでいるだけでなく、【Ⅲ型コラーゲン】の生成も促進してくれます。

【Ⅲ型コラーゲン】は“ベビーコラーゲン”とも呼ばれるもので、赤ちゃんの肌に多く含まれていますが、25歳を境に減少していきます。

この生成を促進することで、ハリや弾力のあるお肌へと導いてくれるのです♪

くまの原因とケアについて

メイクの度に目の下のくまを必死で消している…なんてことありませんか?

実は、女性の3人に1人がくまに悩んでいると言われています。

その「くま」にも【黒くま・茶くま・青くま】と3種類のタイプがあり、それぞれ原因が異なります。

画像引用元:目元の「クマ」に勝つ!私を「プラス5歳」にしていた原因と対処法-STYLE HAUS(スタイルハウス)
💡自分のくまはどのタイプ?簡単チェック方法!

目尻に指を置いて外側にぐっと引っ張ります。

するとくまの色が濃く表れるので、茶色っぽいのか、青っぽいのかでタイプを分けられます。

なお、黒くまの方は引っ張ってもはっきりと色は現れません。茶色でも青でもないな…という方は黒くまに当てはまる可能性があります。

くまの原因

くまの種類によって原因は様々です。それぞれのくまの原因について調べてみました!

黒くまの原因

黒いくまの原因は「たるみ」です。

目元の皮膚はとても薄いです。そのため加齢や急激なダイエットなどが原因でたるみが発生し黒いくまの元になってしまうのです。

また、涙袋がある方も、加齢と共に涙袋の脂肪が痩せることで黒いくまが表れることがあります。

茶くまの原因

茶色いくまの原因は、目元への刺激や紫外線による「色素沈着」です。

お肌は外からの刺激を受けると、自分を守るために「メラニン」を生成します。

紫外線だけでなく、クレンジングの時やメイクの時、目元を手やアイシャドウチップでごしごしこすることも茶くまの原因となります。

青くまの原因

青いくまの原因は「血行不良」です。

目の周りの皮膚はとっても薄いので、目元の毛細血管の血流が滞って黒みがかるとそれが透けて見えるため、青くまとなって表れるのです。

”現代女性に多い青くま”

目の周りの血流が滞る主な原因は、PCやスマホの酷使。このため、現代女性の目の下には今、青クマが急増しているんです。

このほか、睡眠不足や肉体疲労、ストレスや冷えも青クマの代表的な原因。更に、女性の場合は、生理により血行不良や貧血が引き起こされるため、生理中や生理前のみ青クマが現れることもあるんです。

引用元:解消法も変わる!茶クマ・青クマ・黒クマの違い|mb(モテコビューティー)

 

くまの対策とビューティーオープナーの関係

くまの種類は様々ですが、それぞれどのような対策、ケアが必要なのかを調べてみました!

また、それぞれのケアでビューティーオープナーのどんな成分が有効なのかも合わせて調査してみました。

黒くまの対策は?

黒くまのケアで大切になるのは【お肌の弾力やハリを蘇らせる】こと、つまりアンチエイジングのケアです。

スキンケアではヒアルロン酸やコラーゲン配合を配合したものがおすすめです。

▼ビューティーオープナーに含まれる有効成分▼

バラエキスコラーゲンの生成に関与する
加水卵殻膜エキスⅢ型コラーゲンの生成を促進し、ハリや弾力のあるお肌に導く。

 

茶くまの対策は?

茶くまのケアではメラニンの生成を抑制する【美白】ケア、お肌のバリア機能を高め、柔軟なお肌をつくる【保湿】ケア、また新しいお肌をつくる【ターンオーバーを促進する】ケアが大切になります。

ビューティーオープナーでほうれい線ケアはできる?

ビューティーオープナーには、「美白」「保湿」「ターンオーバー促進」それぞれに作用をもつ成分がたくさん含まれています♪

保湿成分

ペンチレングリコール/ヒアルロン酸Na/スクワラン(オリーブ由来)/加水卵殻膜エキス

美白成分

カンゾウ根エキス/バラエキス/加水卵殻膜エキス

▼卵殻膜エキスのチカラ▼

卵殻膜にはヒアルロン酸とコラーゲンの成分が含まれており、お肌の保湿やバリア機能を高める作用があります。

また、メラニン抑制と皮膚の再生(ターンオーバー)を促すシスチンが豊富に含まれていることも特徴です。

肌荒れ

季節の変わり目や、体調、生理サイクルなど、気候や体調の変化に伴って現れる「肌荒れ」。その症状は様々ですが、下記のようなものが挙げられます。

 かさつき/ごわつき/粉ふき/ニキビ/肌の赤み/ひりひり感/かゆみ

ここでは、これらの肌荒れの原因や対策について調べてみました。

肌荒れの原因

肌荒れにはたくさんの症状がありますが、その原因も様々です。

1.紫外線

紫外線を浴びることはシミの元になるだけでなく、お肌のバリア機能の低下にもつながります。

お肌のバリア機能が低下することで、様々な外的刺激やストレスからお肌が自分自身を守れなくなってしまい、様々な肌トラブルが発生します。

2.乾燥

秋冬の湿度低下や、エアコンなどによるお肌の乾燥もお肌のバリア機能を低下させます。

また、乾燥することでお肌が硬くなり、ごわつきやかさつきなどの肌トラブルにつながります。

3.スキンケアやメイク時の強い刺激
  • クレンジング時にお肌をごしごし擦って洗う
  • 化粧水や乳液を塗るときにお肌を強くパッティングしたり、塗り込んだりする
  • クリームをしっかりつけない状態でのマッサージ

上記のような強い刺激はお肌のバリア機能の低下や、お肌の負担につながります。

4.活性酸素の影響

紫外線などの外からの刺激やストレスを受けると、お肌の内部では「活性酸素」が発生します。活性酸素が増えすぎると、お肌の細胞が酸化し、肌荒れが起こる原因となります。

その他にも、体調不良による内臓機能の低下や、生理周期でのホルモンバランスの変化、夜更かしや偏食などの生活習慣の乱れも肌荒れを引き起こす原因となります。

肌荒れには沢山の症状がありますが、その症状の数だけ色々な原因があるんですね。

肌荒れの対策

様々な原因が考えられる肌荒れですが、その対策としては【保湿】ケア、【普段のスキンケア成分をお肌にしっかり取り込む】ケア、【お肌にやさしい】ケアが大切になります。

ビューティーオープナーでほうれい線ケアはできる?
▼保湿成分▼

ビューティーオープナーには、以下のような保湿成分がたっぷり含まれています♪

保湿成分

ペンチレングリコール/ヒアルロン酸Na/スクワラン(オリーブ由来)/加水卵殻膜エキス

▼その後のスキンケアの肌馴染みを良くする▼

また、ビューティーオープナーは「導入美容液(ブースター)」です。

その後に使う化粧水や乳液などの肌馴染みをよくする美容液なので、何もつけていない状態でスキンケアを始めるよりもより普段のお手入れの力を引き出してくれます。

▼お肌にやさしい成分配合▼

ビューティーオープナーはスクワラン(オリーブ由来)やカンゾウ根エキスなど、自然の物から採取した成分を使用しています。

また、主成分である卵殻膜の成分は私たちのお肌に非常に近いもので構成されています。

不要な香料や保存料を使用していないからこそ、敏感肌でも安心して使えます!

関連記事:毛穴に悩む人が納得する理由を調べました。【たるみ・黒ずみ・いちご鼻】

関連記事:ニキビで悩む人がつかう理由

ビューティーオープナーにそばかすとシミが消える効果はなし

年齢と共に増える「シミ」や「そばかす」、「肝斑」など。

これらをビューティーオープナーで「消す」ことはできません。

全ての化粧品には「シミやそばかすが消える効果」はない!

実は化粧品にはシミやそばかすを「消す」効果はないのです。ビューティーオープナーに限らず、どの美白化粧品でも同じです。

気になる方は市販の美白化粧品を見てみてください。CMや、店頭でのポップ、パッケージどれにも「シミが消える!」と書かれたものはありません。

薬は「治す」、化粧品は「きれいにする」もの

お薬と、化粧品の明確な違い、知っていますか?

まず薬(医薬品)には以下のような定義があります。

人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすこと が目的とされている物であって、機械器具でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く)

引用元:薬機法(薬事法)を見れば、顔の「しみ」は、化粧品やサプリでは絶対に治せないことがわかる – Desy

つまり、人の体の状態を変える(治したり、良くしたりする)ものが医薬品ということです。医薬品として認められるには様々な規定や審査があります。

次に、化粧品の定義も見ていきましょう。

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう

引用元:薬機法(薬事法)を見れば、顔の「しみ」は、化粧品やサプリでは絶対に治せないことがわかる – Desy

化粧品は体を「美しく」するものであって、人の体に対して大きな変化を与えるものではないのです。

化粧品の作用として、広告などで商品のキャッチコピーや紹介に使っていい文言は【薬事法】で決められています。

美白に関する作用として表示が認められているのが

  • 日やけを防ぐ
  • 日やけによるシミ、ソバカスを防ぐ

という2点だけなんです。

「シミやそばかすを消す」ということはどの化粧品にも認められていないんですね。

シミを薄くしたり、これからできるシミやそばかすは防げる!

美白ケアなんてしても無駄!なんて思うのはまだ早いです。

化粧品にはシミやそばかすが消える効果はありませんでしたが、

  • お肌のターンオーバー促進する
  • メラニンの生成を抑制する

というケアはできます。

ビューティーオープナーには色素沈着を防いだり、メラニンの生成を抑制する成分が含まれています。

美白成分

カンゾウ根エキス/バラエキス/加水卵殻膜エキス

また、ビューティーオープナーの主成分である卵殻膜には以下のような働きもあります。

★卵殻膜のチカラ★
  • ヒアルロン酸とコラーゲンが含まれている
  • メラニン抑制と皮膚の再生(ターンオーバー)を促すシスチンが豊富に含まれる

お肌の奥にはたくさんの「メラニン」が隠れています。

それがお肌の表面に出てくる前に、美白ケアや新しい健やかなお肌の生成促進をしてあげることで、化粧品でも新しいシミや色素沈着に対してのケアはできるのです。

ビューティーオープナーは、これまでのお手入れ前に1Step、10秒プラスするだけで毛穴ケアまでできる優れものなんです。

関連記事:簡単10秒ケア♪使い方を解説

気になった方は是非チェックしてみてください♪

関連記事:【ビューティーオープナー】口コミと効果まとめ♪